NETIS旧登録情報
新技術名称:下水道管埋設用NSPパイプサポート
旧登録番号:CB-120012-A

パイプサポートクランプ式

パイプサポートはさまざまな施工方法に対応致します。各種の施工手順を紹介します。

オートレベルとトランシットでの施工方法

パイプ位置をパイプサポートのネジで上下左右調整することで、素早くより正確に敷設出来ます。

1.パイプサポートをおおよその位置に設置し、パイプをラチェット式ベルトでしっかりと固定します。

施工方法
2.トランシットを使用し、通り芯を確認します。その際管芯器と下げ振りを併用します。下げ振りに合わせて、パイプサポートの左右位置決めハンドルにて通りを確定します。

施工方法
3.オートレベルを使用して高さを決めます。管上にスタッフを立て直接高さを読みながら、パイプサポートの上下位置決めハンドルでパイプの位置を固定します。
施工方法4へ

丁張りでの施工方法

パイプ位置をパイプサポートのネジで上下左右調整し、水糸に合わせることで、素早くより正確に敷設できます。また、土嚢や杭は必要ありませんので、作業能率アップにつながります。


1.図のように水糸を逃して張ります。(図の寸法は一例です。)


2.パイプサポートを設置し、パイプをラチェット式ベルトでしっかりと固定します。

3.通りと高さを水糸で確認して調整します。→施工方法4へ

施工方法4~

施工方法4
4.砂をパイプの天端付近まで埋め戻し、専用バイブレーターでしっかりと締め固めます。

施工方法4
5.測量器でパイプの位置を確認し、砂をパイプ天端プラス15~20cm埋め戻します。

施工方法4
6.パイプを固定していたベルトの端を上に引っ張りサポートとパイプの固定を解除し、サポートを取り外します。後は通常通り所定の深さごとに埋め戻し締固めを繰り返します。

AL2型クランプ式パイプサポート

AL2型クランプ式パイプサポート

施工方法に合わせて、パイプ固定位置が変えられます。

施工方法

クランプ式パイプ受け金具の取付位置を変える事により、縦ネジの中心に対して芯振り位置ににパイプを固定することが可能です。

芯振り位置で水糸をパイプの中心位置にセットできるので、水糸を横に逃す必要がなく、通りや高さの確認作業が楽に行えます。

パイプ径に合わせてホルダーを付け替えます。

施工方法

パイプホルダーを固定しているボルトを六角レンチで4箇所(※)外すことで、パイプ径に合わせたホルダーに交換する事ができます。

AL2型クランプ式パイプサポートの特徴

管の固定をレバーで簡単に行えます。

塩ビ管、リブ管のどちらにも使用することが出来ます。

操作方法


1.レバーを固定しているフックを上にあげます。


2.レバーを開放し、ホルダーを開きます。


3.レバーを閉じ、ホルダーでパイプをクランプします。


4.不意にレバーが解放しないようにフックを下げて固定完了です。

※注意!

  • クランプ式パイプサポートには、パイプレーザー用ターゲットを取付ける事が出来ません。
品名 重量(kg) 内容
AL2型クランプ式パイプサポート65-142 8.66 土留材の内々65~142cmまでに使用可能です。
150用クランプ式パイプホルダー 1.20 塩ビパイプ径150φmm用のクランプ式パイプホルダー
200用クランプ式パイプホルダー 1.60 塩ビパイプ径200φmm用のクランプ式パイプホルダー
250用クランプ式パイプホルダー 1.70 塩ビパイプ径250φmm用のクランプ式パイプホルダー
300用クランプ式パイプホルダー 1.80 塩ビパイプ径300φmm用のクランプ式パイプホルダー
150用クランプ式リブパイプホルダー 0.90 リブパイプ径150φmm用のクランプ式パイプホルダー
200用クランプ式リブパイプホルダー 1.00 リブパイプ径200φmm用のクランプ式パイプホルダー
250用クランプ式リブパイプホルダー 1.20 リブパイプ径250φmm用のクランプ式パイプホルダー
300用クランプ式リブパイプホルダー 1.40 リブパイプ径300φmm用のクランプ式パイプホルダー

内容 刻印 内容 刻印
150用クランプ式パイプホルダー 150 150用リブクランプ式パイプホルダー 150-1
200用クランプ式パイプホルダー 200 200用リブクランプ式パイプホルダー 200-1
250用クランプ式パイプホルダー 250 250用リブクランプ式パイプホルダー 250-1
300用クランプ式パイプホルダー 300 300用リブクランプ式パイプホルダー 300-1