NETIS登録情報
新技術名称:水圧四面梁
登録番号:CB-120037-VR

水圧四面梁1型

特徴

  • 一度に四面(四方向)に土留を設置できます!
  • 通常設置しにくいマンホールの進行方向にも土留めが設置しやすく安全性が向上!

ソケットパットの固定位置を変更することで3種類の伸縮長に対応!

ソケットパットの固定位置を変更

伸縮ユニットの組替により1・2・3型を併用可能。

伸縮ユニットの組替

仕様

規格 1型
1Sタイプ
120-162
1Lタイプ
146-217
腹起し外寸(cm) 120~150 132~162 146~192 158~204 171~217
矢板(アルミ)外寸(cm) 128~158 140~170 154~200 166~212 179~225
セット重量(kg) 99 116
1本重量(kg) 19.2 24.3
腹起し寸法 外(cm) 縦×横=11.6×10.1
内(cm) 縦×横=10.0×8.9
断面係数 外(cm) 60.25
内(cm) 55.44
伸縮方式 水圧式(バネ内蔵)
許容軸力(kN) 80(水圧サポート)
   
材質 A7003S-T5 引張強さ 耐力 伸び
285N/mm2以上
(2900kg f/cm2以上)
245N/mm2以上
(2500kg f/cm2以上)
10%以上

コーナー金具ASSY
(1・2・3型共通)

コーナー金具ASSY (1・2・3型共通)
コーナー金具を伸縮ユニット内部に差し込むことにより圧縮変形を抑制します。

連結ピン
(1・2・3型共通)

連結ピン
コーナー金具・伸縮ユニットはピンによる接続のため組み立て・解体が容易です。

分岐ホース
0.75m

分岐ホース
分岐ホース接続で2本同時に伸縮が可能です。

吊り下げロープ
2点セット

吊り下げロープ
(ø10mm x 4m-0.5t)(ø10mm x 3m-0.5t)

操作手順

操作ハンドル
操作ハンドル345L

操作手順1
1.水圧が掛かっているフィーメルカプラーを取り外すために使用する

操作手順2
2.水圧の掛かっているメールカプラーの水抜きをする

操作手順3
3.水圧が掛かっているメールカプラーに再度フィーメルカプラーを取り付ける

分岐ホースを使用することで1台のハンドポンプで2箇所を同時に伸縮できます!

対面にもカプラーがあるので、2台のポンプで同時に4箇所を伸縮させることが可能!

ポンプ

加圧状態の水圧四面梁にハンドポンプを接続する際は、ターンバルブを必ず加圧方向に向けてください。減圧方向になっているとサポート内のバネにより急激に縮み大変危険です。

設置事例

設置事例1
設置事例2
設置事例3
設置事例4 1S型推進立坑
設置事例5 1L型推進立坑