住宅基礎仕上用 弾性塗材のメリット

「コンクリート打ちっぱなし仕上げ」、「モルタル刷毛引き仕上げ」には無い様々な特長があります。

  • 弾性の為、ヘアークラックに追従します。
  • 白華(エフロレッセンス)による変色を防ぎます。
  • 水の吸い上げによるシミを防ぎます。
  • 泥汚れが落としやすい。
  • 表面の弾性塗料が空気を遮断し、コンクリートの中性化を抑制します。
  • ローラーを用いる簡単施工の為、特別は機材は不要です。

ベーステクト(豊運製)

ベース+トップの2度塗りタイプ

ベーステクト(豊運製)

特長

  • 他社製よりも塗りやすく、ムラなく仕上がります。

グレー

ベージュ

※この見本色は画像につき、現物の色とは多少色彩が異なります。

材料名 品番 荷姿 使用量 施工面積 施工器具 練り混ぜ時間 乾燥時間
new

ベーステクト レギュラー
(グレー)
8209012 下塗り20Kg
+トップ6Kg
1kg/㎡ 20㎡/セット 下塗:砂骨ローラー
(標準目)
トップ:中毛ローラー
下塗:2分間以上
トップ:1分間以上
下塗:1~2h
トップ:3h
new

ベーステクト レギュラー
(ベージュ)
8209013
new

ベーステクト ハーフ
(グレー)
8209014 下塗り10Kg
+トップ3Kg
10㎡/セット
new

ベーステクト ハーフ
(ベージュ)
8209015

※ベーステクトは、ベース(下塗り材)とトップがセットになっています。

品名 品番 荷姿
基礎下地補修材
(速硬穴埋め用)
8209017 5Kg×4袋
基礎下地補修材
(全面塗り用)
8209016 20Kg/袋

Fコート(秩父コンクリート製)

ベース+トップの2度塗りタイプ

Fコート(秩父コンクリート製)

※この見本色は画像につき、現物の色とは多少色彩が異なります。

特長

  • 御影石のような仕上りの「御影コート」や石のようなボリューム感のある「3D」もあり、種類が豊富です。
  • 施工実績が多い商品です。
材料名 荷姿 使用量 施工面積 施工器具 練り混ぜ時間 乾燥時間
ベース
(下塗り材)
8205807 液体2Kg+粉体3Kg 1kg/㎡ 5㎡/セット 砂骨ローラー
(標準目)
2分以上 1~2時間
8208909 液体6Kg+粉体9Kg 15㎡/セット
8205607 液体8Kg+粉体12Kg 20㎡/セット
Fコート・トップ
(上塗り材)
グレー 8206739 2Kg/缶 0.4Kg/㎡
(無希釈)
5㎡/セット 中毛ローラー 1分間 3時間
8205808 6Kg/缶 15㎡/セット
8205068 8Kg/缶 20㎡/セット
ベージュ 8206740 2Kg/缶 5㎡/セット
8205809 6Kg/缶 15㎡/セット
8205144 8Kg/缶 20㎡/セット
ライトグレー 8206741 2Kg/缶 5㎡/セット
8206738 6Kg/缶 15㎡/セット
8206152 8Kg/缶 20㎡/セット
NSP御影コート・トップ
(上塗り材)
御影グレー 8206742 2.5Kg/缶 0.5Kg/㎡ 5㎡/缶 砂骨ローラー
(極細目)
8206148 10Kg/缶 10㎡/缶
new
Fコート3D・トップ
(上塗り材)
シルバーグレー 8208911 5Kg/缶 1Kg/㎡ 5㎡/缶 砂骨ローラー
(標準目)
8208608 20Kg/缶 20㎡/缶
ラベンダーグレー 8208912 5Kg/缶 5㎡/缶
8208609 20Kg/缶 20㎡/缶
ダルホワイト 8208914 5Kg/缶 5㎡/缶
8208610 20Kg/缶 20㎡/缶

※Fコートのベース(下塗り材)とトップは別々です。

品名 品番 荷姿
基礎補修モルタル
(ピンホール充填・段差補修)
8205810 15Kg/荷姿

ワンウェイコート(秩父コンクリート製)

1度塗りタイプ

ワンウェイコート(秩父コンクリート製)

特長

  • 従来の基礎塗装はベース・トップと2工程必要でしたが、1工程で施工ができます。

グレー

ベージュ

※この見本色は画像につき、現物の色とは多少色彩が異なります。

材料名 品番 荷姿 使用量 施工面積 施工器具 練り混ぜ時間 乾燥時間
ワンウェイコート
グレー
8208604 混和液7.3Kg/缶
粉体11Kg
1.1kg/㎡ 16㎡ 砂骨ローラー
(標準目)

2分間 夏期 6h
低温時 12h
8208606 混和液9.3Kg/缶
粉体14Kg
21㎡
ワンウェイコート
ベージュ
8208605 混和液7.3Kg/缶
粉体11Kg
16㎡
8208607 混和液9.3Kg/缶
粉体14Kg
21㎡

比較資料

比較資料

※各商品ごとの特性を御確認した上でお使いください。

使用方法

使用方法1

1.基礎表面の土をGLから10cm程度掘り下げて下さい。

使用方法2

2.段差はサンダーで削り落とします。

使用方法3

3.ピンホール及び段差部に補修モルタルを塗り付け平滑にします。

使用方法4

4.【ベース】液部に粉体をダマが出来ないよう徐々に加えながら、ハンドミキサーで練り混ぜます。

使用方法5

5.砂骨ローラー(標準目)を使い、横にネタ配りを行います。

使用方法6

6.縦方向にローラー波目が出るように使用量を均一に仕上げます。

使用方法7

7.【トップ】缶の上蓋をあけ、ハンドミキサーで撹拌します。

使用方法8

8.ベースの乾燥後、各種首相ローラーで横方法にネタ配りを行います。

使用方法9

9.縦方向でローラー波目が出るように使用量を均一に仕上げます。

使用方法10

10.施工終了後、土や砂利などを埋め戻して完成。

★ワンウェイコートは1工程の為、1~6、10の手順です。

★施工方法の詳細は弊社担当までお問合せ下さい。