補修フローチャート

鉄筋露出の程度と推奨工法

無し

コテ塗りによる断面修復

軽度

鉄筋やアンカー筋の裏側にコンクリートが存在する

コテ塗りによる断面修復

中度

鉄筋やアンカー筋が全周露出。但し変形は無い。

無収縮グラウトによる充填

重度

鉄筋やアンカー筋の曲がりや切断がある。基礎幅全部が破壊。

基礎の打ちかえ全部OR部分

補修項目別ご提案商品

項目 商品名 荷姿 練り混ぜ配合
ポリマーセメント メンテモルタル  粉体:20/袋
混和液:2/ポリ缶
粉体:混和液:水
=20:3:2
無収縮グラウト ベースタイトグラウトNF 粉体:25/袋 粉体:水=25:4.5
断面修復材 メンテペースト  粉体:10/袋
混和液:3/ポリ缶
粉体:混和液:水=10:3:2〜3
Jモルタル基礎厚塗り用  粉体:10/袋
混和液:1.2/ポリ缶
粉体:混和液:水=10:1.2:2.4
基礎補修モルタル 粉体:15/袋 粉体:水=15:5〜5.5

使用方法

工程例1

修復前

工程例2

立ち上がりと犬走りの縁切り

工程例3

ハツリ・清掃

工程例4

寄木の設置(一方のみ)

工程例5

メンテペーストの塗布鉄筋を含め全面

工程例6

Jモルタル基礎厚塗り用の塗り付け2〜3回、1回あたり30mm厚

工程例7

Jモルタル基礎厚塗り用の締まり状況20℃:2〜6時間程度

工程例8

寄せ木外し→養正テープ→基礎補修モルタルの施工

工程例9

完成

工程例10

完成