NSP製品の沿革 | 株式会社エヌ・エス・ピー|NSP

個人情報保護方針 サイトマップ

NSP製品の沿革

オリジナルとは何かを常に考え、
かたちにし続けた製品の歴史

当社オリジナル製品の、住宅用基礎型枠の販売からはじまり、現在注目を浴びている
土留機器まで、エヌ・エス・ピーの製品の流れがわかります。

1972年 2月 住宅用基礎鋼製型枠(NSPメタルフォーム)の開発、販売を開始。
1973年 6月 幼児用ユニット式プール(NSPプール)を開発、販売を開始。
1974年 5月 大型プール(ユニット式)を開発し、販売を開始。
8月 住宅建設用器材として、枠組足場等の販売を開始。
1976年 2月 プールの販売機種多様化を計り、船舶用プール、特殊プールを開発し販売を開始。
3月 NSPプールが岐阜県保育研究協議会の推奨を受ける。
8月 NSPプールが発明くふう展において受賞。
1977年 3月 プール09型新機種を開発し、販売を開始。
8月 NSPメタルフォームS型新機種を開発、販売を開始。
1979年 2月 NSPメタルフォームM型新機種を開発、販売を開始。
1982年 2月 省力化自動機(ロボット)の受注生産を開始。
1985年 4月 新製品間伐材を使用する「校倉の塀」を開発、販売を開始。
5月 新製品デジタル巻き尺「棟梁」を開発、販売を開始。
1986年 2月 木製遊具「創造」S.L各シリーズ化。
3月 NSPメタルフォームS3型を開発。
1987年 6月 カレンダー名入れ印刷機用自動捲り機の量産販売を開始。
7月 レーザーレベルの販売を開始。
10月 NSP木製遊具「ツイストシリーズ」を開発。
1988年 7月 岐阜県中部未来博’88に木製遊具協賛出展。
1989年 10月 木曽桧製品の販売を開始。
1991年 4月 李朝陶器の輸入販売を開始。
6月 天然石材の販売を開始。
1992年 4月 NSP脱油装置の販売を開始。
1993年 2月 水圧土留の販売を開始。
1995年 2月 墓石システムを開発、販売を開始。
7月 NSPメタルフォームF1型を開発し、販売を開始。
1996年 2月 樹脂ステップを開発し、販売を開始。
3月 水圧土留のレンタルを中部地区で開始。
1997年 2月 水圧土留のレンタルを全国で開始。
1998年 2月 NSPクイック土留を開発し、販売・レンタルを開始。
2000年 10月 住宅ベタ基礎の一体打設用鋼製型枠及び専用部品を開発、販売を開始。
2001年 2月 木材炭化装置を開発し、販売を開始。
2002年 2月 小型焼却炉を開発し、販売を開始。
4月 下水道用塩ビ管配管用「パイプサポート」を開発し、販売を開始。
2004年 5月 住宅用「樹脂サイコロ枠」を開発し、販売を開始。
8月 アルミ矢板NAWS」を開発し、販売・レンタルを開始。
2005年 6月 住宅用天端調整治具「らくらく天端ビス」「らくらく調整ドライバー」の販売を開始。
2007年 10月 腹起しキャッチャー」「アルミ矢板セクション付き」を開発し、販売・レンタルを開始。
2008年 10月 水圧四面梁1型」を開発し、販売・レンタルを開始。
2009年 7月 管クリィーナ」を開発し、販売・レンタルを開始。
8月 アルミ矢板NADS(強力型)」を開発し、販売・レンタルを開始。
10月 下水道用塩ビ管配管用「パイプサポート軽量型」を開発し、販売・レンタルを開始。
11月 水圧四面梁2型・3型」「水圧サポート強力型(エクステンション式)」を開発し、販売・レンタルを開始。
2011年 11月 36パネル」を開発し、販売・レンタルを開始。
2012年 5月 空調服」販売を開始。
6月 「パイプサポート」がNETISに登録。
11月 「水圧四面梁」がNETISに登録。
2013年 1月 GPL土留」を開発し、販売・レンタルを開始。
2月 基礎天端レベル出し治具「天端ターゲット」の販売を開始。
6月 住宅基礎ファンデーションシリーズ「NSP Fシート シリーズ」の販売を開始。
12月 矢板用支柱フェンス」、下水道用塩ビ管配管用「パイプサポート軽量型クランプ式」を開発し、販売・レンタルを開始。
2014年 2月 「アルミ腹起し140×160型」を開発し、販売・レンタルを開始。
2015年 3月 木製遊具「創造」を全面リニューアルし、JPFA遊具の安全基準へ対応。
9月 「クイック長尺サポート」を開発し、販売・レンタルを開始。
10月 住宅基礎天端レベリング材「NSP 天端 SL」「NSP 天端 SL ハイフロー」販売開始。
2016年 1月 「36パネル」「大口径3020パネル」「GPL土留」がNETISに登録。
6月 建設機械用マシンガイダンスシステムの販売を開始。
10月 CRBシート」「あったかベスト」の販売を開始。
12月 樹脂ステップ「芝用」を開発し、販売を開始。
2017年 3月 「水圧四面梁」がNETIS活用評価会議にてVR認定取得。