menu
会社情報
社員インタビュー
働く環境
採用情報
SHARE
twitterfacebook

メニューを閉じる

INTERVIEW

レンタル事業部

広島営業所

桑島 直紀

入社3年目

NSPに入社した理由は

就職活動の初期では、自分が何をやりたいのか、どんな会社に行きたいのか、見当のつかない人は少なくないでしょう。私がそうでした。そんな中、通学で通る道で道路工事が始まり、日が経つにつれ道路がきれいになっていく様子に目が留まりました。それがきっかけで建築・土木に興味が湧き、ようやく志望業界を絞ることができました。そこで目に付いたのがNSPでした。建築分野では住宅基礎で使用される型枠で、土木分野では下水道工事で使用される土留パネルで、それぞれトップシェアのメーカーだったからです。この会社には何かがある!そう考えて調べていくうちに、たくさんの魅力があるこの会社で働きたいという想いが強くなり、入社を決意しました。

NSPの社風・魅力とは

社員一人一人が主役になれる会社であることが、NSPの最大の魅力だと思います。弊社はメーカーですから、商品の競争力や品質の高さが、経営の成功を引き寄せます。そして、この商品の開発は、NSPでは技術部門のみならず、営業担当も製造担当も担います。普段の仕事の中で気づいたことを、試行錯誤しながら新たな商品に盛り込んでいくのです。事実、新商品の多くは、全国の各営業所から提出された企画書が出発点になっています。特に市場ニーズをつかめる一番近い位置にいるのが、お客様と日頃から接している営業です。若手もベテランも関係なく、営業活動の一環として考えた企画を提出できるため、全員が新商品開発に向けた意見を言える風土が魅力ですね。

NSPで働くやりがい

私が扱っている土留用機材のお客様は、土木施工会社です。職人気質の方が多く、打ち解けるまでには時間がかかります。そこで、私は着任時から現場回りに時間を費やしました。最初から仕事の話なんてできないので、お茶やコーヒーを持って伺うなど、雑談から距離を詰めて関係性を構築していきます。そうして、次第に心を開いてもらえるようになるとライバル会社から取引を切り替えてもらうことに成功。3年目の今は、会社の名前ではなく「桑島くん、次の現場も頼むよ」と私の名前で依頼される場面が増えてきました。この経験は営業として自信になりますし、このように、お客様との信頼関係が土台にある今の仕事は、人間味に満ちた環境で非常にやりがいを感じます。

今後の目標

私がやり遂げたいことは、現在担当している営業エリアの過去最高額の売上を上げる事です。現在、島根・鳥取の両エリアを一人で任されています。信用して任せてくれた所長の期待を裏切りたくないため、ひたすら売上の向上に立ち向かっています。
実は、私の担当エリアは工事件数が少なく、売上を上げるのが難しいと言われてきました。そこで現状を把握しようと聞き込んだところ、主力以外の商材をほとんどPRしていなかった事実が判明。さまざまな商材を売り込む計画を立てて実施すると、売上は1.3倍に拡大しました。このまま売上を伸ばしていき、さらに自信をつけ、いずれは広島営業所の所長になり、その先は統括部長を目指したいと考えています。