menu
会社情報
社員インタビュー
働く環境
採用情報
SHARE
twitterfacebook

メニューを閉じる

INTERVIEW

レンタル事業部

中部営業所 所長

髙井 克也

入社8年目

NSPに入社した理由は

私が就職活動を行っていた2009年はリーマンショックの翌年で、就職が厳しい氷河期と言われていました。実際に、なかなか内定がもらえず、将来について不安を抱きだした頃、大学の恩師より弊社を紹介していただきました。もちろん入社が決まっていた訳ではなく、また入社したいと思えないような会社であれば断るつもりでしたが、説明会に出席してみると、こんな凄い会社が地元の中津川にあったのかと驚きました。自社で商品開発を行い、製造も販売もレンタルも手がけ、しかも二つの異なる分野でトップシェアという強さに、みるみるうちに興味が湧きました。お客様の課題に耳を傾け、商品開発を行う営業スタイルにも感銘を受けたため、入社を決意しました。

NSPの社風・魅力とは

お客様の困っていることを解消するために何度も足を運び、お客様の声に耳を傾け、「ないものはつくればいい」のスピリットで次々に商品を企画開発していけるのが、NSPの特徴です。言い換えれば、営業が不振ならば、積極的に現状を打破する取り組みを行って、競争力を引き寄せることが可能であると言えます。お客様の不満や要望をお聞きするのは、成功への第一歩です。それを解決したり、企画力や技術力、製造品質も優れた満足度の高い商品を提供するなど誠心誠意の対応を行っていると、必ず売上は伸びていきます。そうした過程でお客様と強固な人間関係を築くことができ、「本当に助かるよ、いつもありがとう」などと言ってもらえるのが最大の喜びです。

NSPで働くやりがい

私は2017年の8月に、レンタル事業部中部営業所の立て直しを期待され所長に昇格しました。この営業所の業績が低迷していた最大の理由は、地域特性に合わせたキメ細かい営業ができていなかったことです。例えば、岐阜県一つとっても、東濃・中濃・西濃では風土が異なり、住人の気質も大きく違います。それをひと括りに対応していては、お客様に寄り添う営業などとてもできません。何度もメンバーたちとの営業同行を繰り返し、地域特性に応じた最適な応対を考えて行うように指導。最近は営業報告書一つとっても、書かれている内容が濃くなっており、メンバーの成長の跡が見えてきます。メンバーの成長が売上数字に表れるのは非常にやりがいに繋がります。

今後の目標

当面の目標は、中部営業所の成績を上位に持って行き、メンバーに営業としての誇りや自信を取り戻してもらうことです。具体的には、5年以内に全国トップクラスの営業所になることです。そのために上司の立場として、決して自分のやり方を押し付けたりはせず、10人いたら10通りの教え方があることをしっかりと心に刻み、メンバーの個性に合った指導を心がけています。加えてこれまで営業活動をしていなかった地域に新しくテコ入れしていくために、まず自分の中で各県のお客様の特徴を把握し、メンバーへ的確な指示を出すことで売り上げ拡大を目指しています。その先に全国でNSPの商品を広めていき、市場シェアを100%に近づけていきたいです。