menu
会社情報
社員インタビュー
働く環境
採用情報
SHARE
twitterfacebook

メニューを閉じる

INTERVIEW

住宅事業部

中部営業所

髙島 省吾

入社4年目

NSPに入社した理由は

就職活動で私が企業選びの軸としていたのは、「社会人として責任のある仕事であること」と、「いつか家庭を持った時に家族と過ごす時間を十分に持てること」でした。会社説明会や面接を通して、社会から必要とされる事業を安定して行い、休みをしっかりと取れる会社であることがわかり、企業としての魅力を感じました。また、それだけではなく人・社風も大きな決め手です。選考の過程で営業所を訪れた際、明るく和やかな雰囲気の中で自分が働く姿がイメージできました。若手の社員とも会社や仕事の話をする機会があり、その話を通して「ここなら自分らしく働ける!」と確信できたのです。数社から内定をもらっていましたが、迷うことなくNSPを選びました。

NSPの社風・魅力とは

社員同士が本当に仲が良いですし、社員旅行などのイベントも活発です。全国で離れて働く同期とは、入社して4年が経った今でも定期的に連絡を取り合っています。入社前は、「営業という職種柄、勤務時間や仕事内容にも厳しさがありそうだ」と覚悟していましたが、実際は残業はほとんどありませんでした。仕事内容も、助け合いの風土が強いので一人で辛い思いをすることはありませんね。例えば、営業目標は営業所全体が一丸となって助け合いながら売上を追いかけています。新人の時に、わからないことがあって困っていると、私から相談する前に先輩の方から「どうしたの?」と声をかけてくれるなど、風通しがよくアットホームな社風が根付いています。

NSPで働くやりがい

NSPの営業は、「ここからここまで」という決められた仕事の範囲がありません。先輩から教えてもらいながら進めるものもありますが、営業のやり方や契約額の判断においてまで、広い範囲を任されています。そのため、協力し合うチームプレーの面白さと、個人商店のような自分で考える面白さの両面のやりがいを感じます。お客様から「こんなことができれば良いのに」といった声を受けて、自らCAD を操作して図面を書き、工場につくってもらうことまですることもあります。住宅基礎の型枠の改良品を自ら作ったのも、つい先日のことです。自分流の働き方ができ、そして自分のアイデアが商品になる、こんな面白さがあるのはNSPの営業ならではの醍醐味です。

今後の目標

入社前に夢として持っていた、頑張って成長して仕事とプライベートを両方とも充実させるという目標は、すでにクリアしていると思います。そんな私の、今の一番の目標は、住宅基礎工事のスペシャリストになることです。それは、現場で「NSPの髙島に聞いたら何とかしてくれる、何でも教えてくれる」と、お客様から頼られるような存在です。現時点で、取り扱い商品についてはある程度の内容を把握しているつもりですが、住宅の工事は奥が深いので、まだまだNSPが協力できることがたくさんあるに違いありません。そうしたニーズの一つ一つを掘り起こし、自分でも意欲的に知識を習得しながら、会社の新しい商品やサービスに結び付けていきたいですね。