menu
会社情報
社員インタビュー
働く環境
採用情報
SHARE
twitterfacebook

メニューを閉じる

INTERVIEW

NSP SS

開発課

滝川 将史

入社4年目

NSPので働くやりがい

私は理工学部で交通科学と呼ばれる領域を専攻しました。クルマや鉄道車両、飛行機などを対象とした機械工学の1分野です。同じ学科の友人の多くが自動車関連や航空機関連の大手に就職しています。でも私はそうした大企業に行こうとは最初から思いませんでした。組織が大きすぎて、入社後に製品の一部だけを、何年も設計し続けるケースが少なくないと聞いたからです。そこで就職活動では、知名度はそれほど高くなくても、特定の分野で高いシェアを誇る製品を持っている企業を探していました。この条件に一致したのがNSP SSであり、また工場見学や面接の際に、入社後はさまざまな業務に携われる企業であることを知り、そこに面白さを感じたため入社しました。

NSPの社風・魅力とは

開発に関する業務に携わりたいという想いは、入社してから一つ一つ実現してきました。新人研修の後は製造課に配属され、製品の製造に関する技術を学び、開発の基礎を磨きました。開発課に異動してからは、製品の設計から強度試験、フィールドテストによる性能評価、製品の単価見積、生産準備など、開発の枠に捉われないさまざまな業務を任されています。また、より良い製品を生み出すには、充実した人間関係が大切です。この点で、NSP SSでは先輩・後輩の間はもちろん、部門を超えてのコミュニケーションが取りやすいので、新しい製品の試作や改良がスムーズに行えます。そうした中で、課題解決に向けてチャレンジする機運が自然に生まれていきます。

NSPに入社した理由は

より良い製品に向けて取り組んだ成果を、会社側がきちんと評価してくれるところが、日々のモチベーションを引き出しています。私も以前、自分が起点となった一つの改善案が高く評価されて全社表彰をされました。対象となったのは、型枠のコーナー部にちょっとした段差ができてしまうのを、新しい治具を加え生産方法を変えることで解消させた件です。それ以前のものでも製品の機能としては全く問題がなく、見栄えの問題に過ぎないだけかもしれません。それでも生産上の手直しが減って生産スピードが上がり、製品力の向上に繋がったということで、評価の対象になりました。そうした自分で考えた生産方式で製品がつくられるのを見るのはとても嬉しいですね。

今後の目標

NSP SSは十数年に1回の割合で、会社の柱となる画期的な製品を生み出してきました。そうした製品が新しい市場を開拓して、それまでにお付き合いのなかったお客様を呼び込み、さらに多くの先輩たちによる改良発展でシェアを伸ばしてきました。現在の主力製品である住宅基礎の鋼製型枠も、土留関連製品も、先輩たちが残してくれた会社の財産と言えます。私たちの世代の社員も、そろそろ新たな会社の柱となる製品をつくり上げて、会社のいっそうの発展に貢献しなければならないと考えています。その先頭に立てるように、普段から社会全般の動きにアンテナを張り巡らし、いつかは知名度の高い製品を手がけ、友達や家族に自慢できる製品をつくり上げたいです。