ひび割れ、水染み、白濁、コンクリートの汚れなどで見栄えのしない基礎外観が、シートを貼るだけで綺麗に蘇ります!

日本テレビ「幸せ!ボンビーガール」の放送内でFシートが取り上げられました!

「雨樋は落ち葉は入りにくい工夫がされていて落ち葉が詰まると水漏れの原因にもなるという。雨樋にこだわりをみせた森泉は自分自身で施工。さらに土台はひび割れなどの劣化を防ぐ大理石風の“Fシート”を使用した。室内は工事の真っ最中でDIYルームやパントリーを建設中であることを紹介した。特に窓にはこだわりをみせ総額95万円を掛けたという」

ふと家の基礎(コンクリートの部分)をご覧になったとき、ひび割れや白いシミが気になったことはあるかと思います。
長く使われた住宅の場合、コンクリートの経年劣化は避けられません。
「新築同様のきれいな見た目をずっと維持できたらいいのになあ」なんて思いませんか?
NSPのFシートなら、それができちゃうんです!

Fシートとは
住宅基礎の表面に貼る保護シートです。
大理石のような見た目で、水洗いで新品同様の見た目になります。
水と空気をシャットアウトして、内部のコンクリートの劣化を防ぎます。
DIYでカンタンに貼り付けできます。

この記事では、リフォーム時に相談されることが多い住宅基礎のトラブルに関してまとめました。
これらのトラブルでお悩みの方、Fシートで解決しちゃいましょう!

 

ケース①:ちいさなヒビができている(ヘアクラック)

←ココにカーソルをあてて『メディア(画像)を追加』する

お客さん
よく見ると基礎に小さなヒビがあるんですが…


←ココにカーソルをあてて『メディア(画像)を追加』する

工務店さん
工務店「このような小さなヒビは、ヘアークラックと言って、コンクリートの収縮が原因かもしれません


参考: 巾木のひび ヘアークラックとは

←ココにカーソルをあてて『メディア(画像)を追加』する

工務店さん
このまま放置すると、水を吸収してしまって劣化の原因になってしまうので、NSPのFシートを貼ってみるのはどうでしょうか
クラックの発生を抑えられるし、見た目の美しさをキープすることができます


←ココにカーソルをあてて『メディア(画像)を追加』する

工務店さん
Fシートを貼れば、新品同様の見た目をずっとキープできますよ。


ケース②外装の汚れ(白華現象、水染み)

←ココにカーソルをあてて『メディア(画像)を追加』する

お客さん
基礎巾木の汚れがひどくて…クリーニングをお願いしたいのですが…


←ココにカーソルをあてて『メディア(画像)を追加』する

工務店さん
わかりました!
まず、こちらは水染みですね。地盤からの水分の吸い上げや雨の跳ね返りなどで発生します


参考: 基礎の水染みが起きる原因

 

←ココにカーソルをあてて『メディア(画像)を追加』する

工務店さん
こちらの白いシミは、コンクリートの成分である水酸化カルシウムです。 表面で乾燥して白く固まることを、白華現象(エフロレッセンス)といいます


参考: 白華現象(エフロレッセンス)について

←ココにカーソルをあてて『メディア(画像)を追加』する

工務店さん
エフロレッセンス自体に悪影響はあまりありませんが、見た目がよくないですよね。 また、内部のコンクリートが劣化しているという証拠でもあります


参考: エフロレッセンスがコンクリートのひび割れにつながる例について

←ココにカーソルをあてて『メディア(画像)を追加』する

お客さん
じゃあ、このエフロレッセンスを防ぐにはどうしたらいいんですか?


←ココにカーソルをあてて『メディア(画像)を追加』する

工務店さん
NSPのFシートを貼ればOKです。空気と水をシャットアウトして、コンクリートの劣化を遅らせることができます。見た目も綺麗なままで、お手入れも楽になりますよ。 汚れは中性洗剤で落ちますし、高圧洗浄も可能です。


ケース③:大きなヒビ(コンクリートの中性化、鉄筋の錆、コンクリートの爆発)

←ココにカーソルをあてて『メディア(画像)を追加』する

お客さん
最近巾木のヒビが目立ってきたんですが…   

←ココにカーソルをあてて『メディア(画像)を追加』する

工務店さん
詳しく確認してみないことには分かりませんが、コンクリートが内部まで中性化して、劣化が進行している可能性があります。劣化が進行すると、内部の鉄筋が錆びて、コンクリートのひび割れ、破壊が起こるかもしれません。


参考:「コンクリートの中性化について」「中性化で鉄筋が錆びるメカニズム」
参考: 鉄筋が錆びた結果起こる「爆裂現象」

←ココにカーソルをあてて『メディア(画像)を追加』する

お客さん
これ以上劣化させないためには、どうしたらいいんですか?


←ココにカーソルをあてて『メディア(画像)を追加』する

工務店さん
ひびの内部に防錆剤を浸透させる方法が一般的ですが、 大切なのは根本的な原因対策です


←ココにカーソルをあてて『メディア(画像)を追加』する

お客さん
原因対策ってどういうものがあるんですか?


←ココにカーソルをあてて『メディア(画像)を追加』する

工務店さん
おすすめなのは、クラック部分の補修をした上で、NSPのFシートを貼る方法です。


←ココにカーソルをあてて『メディア(画像)を追加』する

工務店さん
シート表面で水と空気をシャットアウトすることで、内部のコンクリートの劣化を遅らせることができます。


まとめ:Fシートを使用するメリット

  • 大理石のような均一なデザイン
  • きれいな仕上がりをずっとキープ
  • コンクリート、鉄筋の劣化を防ぐことができます
  • DIYで貼り付けが可能です
  • 高圧洗浄OK、お手入れらくらく

新築時にFシートを貼ることで、その効果を最も高く発揮できます。
しかし、Fシートは後から貼ることも可能です!(※)
リフォームの際にDIYで施工することも可能ですし、
作業が不安なら専門の業者さんにお任せください。

 

(※Tips)Fシートが適さない場合もございます。
①表面に酷く異物(コケ・泥・カビ)などが付着している状態
②表面の仕上げが凸凹している状態
③表面に常に水が染み出ている状態

粘着テープを使用するため、表面のコンディションに仕上がりが左右されます。
施工の前に、基礎の状態をご確認ください。

最後に:Fシートに関するお問い合わせ先

専門業者以外の方で、Fシートに興味を持たれた方は
こちらからお願いします