登ったり、降りたり、滑ったり、ぶら下がったり
子ども達の遊び心を満足させてくれる
木製遊具「創造」の基本システムです

システムA・B・C・Dから六角タワーまでどれをとっても子供には大人気。しかも単体遊具との自由な組み合わせによってオリジナルなシステムが無限に創造できます。

●システムA 
sp
システム

品名 対象年齢 サイズ
システムA S 3~6歳 2,213W×900D×2,300H
システムA L 3~12歳 2,930W×1,370D×2,900H

●システムB 
sp

品名 対象年齢 サイズ
システムB S 3~6歳 4,000W×3,000D×2,300H
システムB L 3~12歳 5,515W×4,180D×2,900H

●システムC 
sp

品名 対象年齢 サイズ
システムC S 3~6歳 8,100W×3,040D×2,300H
システムC L 3~12歳 11,820W×4,200D×2,900H

●システムD
sp

品名 対象年齢 サイズ
システムD S 3~6歳 7,520W×5,080D×2,300H
システムD L 3~12歳 11,420W×6,800D×2,900H

●六角タワー 
sp

品名 対象年齢 サイズ
六角タワー 3~6歳 5,680W×5,100D×2,900H

単体遊具

梯子を登ったり、
登り板を降りたり、また戻ったり
こども達はあきる事を知りません

●ミニログお山 
sp

品名 対象年齢 サイズ
ミニログ お山 6~12歳 3,250W×1,900D×2,450H

●ミニログこ山
sp

品名 対象年齢 サイズ
ミニログ こ山 3~12歳 2,100W×1,230D×1,500H

●二子お山 
sp

品名 対象年齢 サイズ
二子お山 バランスネットS 3~12歳 5,270W×1,400D×1,620H
二子お山 バランスネットL 3~12歳 6,270W×1,400D×1,620H

●三角お山 登り板・梯子 
sp

●三角お山 登り板
sp

●三角お山 梯子 
sp

品名 対象年齢 サイズ
三角お山 登り板・梯子 3~12歳 2,070W×1,400D×1,620H
三角お山 梯子 3~12歳 2,070W×1,400D×1,620H
三角お山 登り板 3~12歳 2,070W×1,400D×1,620H

●三角タワー19-27
sp

品名 対象年齢 サイズ
三角タワー19-27(ロープ付) 3~12歳 2,012W×2,700H

●三角タワー23-34
sp

品名 対象年齢 サイズ
三角タワー23-34(ロープ付) 3~12歳 2,385W×3,400H

●ブリッジ 
sp 
ブリッジ

品名 対象年齢 サイズ
ブリッジ 3~12歳 2,640W×1,400D×900H

●鉄棒 
sp 
鉄棒

品名 対象年齢 サイズ
鉄棒基本プラン
柱(鉄筋付)2本/鉄棒1本
3~12歳 1,560W×1,400H
鉄棒追加プラン
柱(鉄筋付)1本/鉄棒1本

●平均台
sp
平均台

品名 対象年齢 サイズ
平均台 3~12歳 3,380W×290H

●mini平均台
sp
平均台

品名 対象年齢 サイズ
mini平均台 フラット 3~12歳 1,200W×210H
mini平均台 ラウンド 3~12歳 1,200W×220H

●砂場枠 角型
sp 
砂場

品名 対象年齢 サイズ
砂場枠 角型正方形(小) 3~12歳 2,030W×2,030D×240H
砂場枠 角型正方形(大) 3~12歳 3,030W×3,030D×240H
砂場枠 角型長方形 3~12歳 3,030W×2,030D×240H

●砂場枠 丸型 
sp 
砂場

品名 対象年齢 サイズ
砂場枠 丸型6連 3~12歳 2,830(外径×300H)
砂場枠 丸型8連 3~12歳 3,746(外径×300H)
砂場枠 丸型10連 3~12歳 4,664(外径×300H)

●砂場整理棚 2段型
砂場整理棚 

●砂場整理棚 3段型
砂場整理棚 

品名 サイズ
砂場整理棚 2段型 2,100W×900D×1,100H
砂場整理棚 3段型 1,400W×900D×1,400H

※完成納入品

●花だん(角形) 1040Wx560Dx240H
花だん(角形)   

●花だん(角形) 
1160Wx640Dx240H
 

●花だん(丸形) 
φ998x240H
 

品名 サイズ
花だん(角形)1040Wx560Dx240H 1,040W×560D×240H
花だん(角形)1160Wx640Dx240H 1160Wx640Dx240H
花だん(丸形)φ998x240H φ998x240H

●ミニログ
「パパイヤハウス」
1400Wx1900Dx2150H 
パパイヤハウス

●ミニログ
「ポテトハウス」
1480Wx1440Dx2150H 
ポテトハウス

●ミニログ
「リンゴハウス」
1480Wx1440Dx2150H 
リンゴハウス

●ミニログ
「メロンハウス」 1480Wx1480Dx2150H 
メロン

●ミニログ
「イチゴハウス」 1480Wx1440Dx2150H
イチゴハウス

●ミニログ
「オレンジハウス」 1480Wx1480Dx2150H
オレジハウス

●ミニログ
「バナナハウス」 1480Wx1480Dx2150H
バナナハウス

品名 サイズ
ミニログ「パパイヤハウス」 1,400Wx1,900Dx2,150H
ミニログ「ポテトハウス」 1,480Wx1,440Dx2,150H
ミニログ「リンゴハウス」 1,480Wx1,440Dx2,150H
ミニログ「メロンハウス」 1,480Wx1,480Dx2,150H
ミニログ「イチゴハウス」 1,480Wx1,440Dx2,150H
ミニログ「オレンジハウス」 1,480Wx1,480Dx2,150H
ミニログ「バナナハウス」 1,480Wx1,480Dx2,150H

●ミニテーブル椅子セットⅡ

ミニテーブル椅子セットⅡ
ミニテーブル椅子セットサイズ
ミニテーブル椅子セットサイズ

※完成納入品

ミニテーブル椅子セット

※完成納入品

●桧丸太ベンチ
 桧丸太ベンチ

●桧丸太椅子
 桧丸太椅子

●台形テーブル
 台形テーブル

●ガーデンチェア S・L

ガーデンチェア S・L

※完成納入品

●飼育小屋

飼育小屋

品名 サイズ
飼育小屋(木製床)(床なし) 外寸2,300W×1,600D×1,945H
飼育小屋(ステンレス鋼床 外寸2,300W×1,600D×1,945H

※完成納入品


両側に通風窓が開いています。
金網は丈夫なステンレス製です。(10×10×φ1.6)
屋根は防水ゴム材使用(カラー仕上げ)で、雨漏りしません。

木製床タイプ
木製床タイプ

床なしタイプ
床なしタイプ

ステンレス鋼床タイプ
ステンレス鋼床タイプ

木製遊具「創造」を安全にご使用いただくために

●遊具の安全に関する指針とは 

遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014は、国土交通省がとりまとめた「都市公園における遊具の安全確保に関する指針」の内容に沿って、(一社)日本公園施設業協会が子どもにとっての「遊びの価値」を尊重しつつ、遊びに伴うリスク(遊びの価値の一つであり、子ども自身が判断可能な危険性)を適正に管理し、ハザード(子どもが危険を予測できず、対処方法の判断が不可能な危険性)については物的ハザードのうち重大な事故に繋がるおそれがあるものを中心に除去するという観点から策定したものです。 NSPの木製遊具は、このJPFA-SP-S:2014に基いて設計、製造をしています。(園庭用品は除きます。)

●SP(セーフティープロダクト)マークとは 

spマーク

(一社)日本公園施設業協会の会員企業が、「遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014」に準拠して遊具の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行うことが出来ることを、同協会の外部審査委員会の審査により認定しているものです。

●安全基準の一例 

頭部および胴体が入らない構造

硬質な部材で構成されている部分には、「JPFA検査器具」の100×157mm部が入らないようにする。

通りぬけを防止するための柵などの隙間は100mm未満とする。

頭部および胴体が通り抜けるような構造

柔軟、硬質な部材にかかわらず、開口部は「JPFA検査器具」のφ230mm部が通り抜けなければならない。

φ230mmが通り抜ける開口部を設ける場合は、その下に障害物などを設けてはならない。

指の挟み込み防止

利用者が指を入れた場合、抜けなくなるような8~25mmの隙間穴を設けてはならない。

ヒンジなどの可変開口部は指先をつぶしたり切断したりする危険性がないよう最小隙間寸法を25mmより大きくする。

●安全領域(セーフティエリア)の確保 

安全領域は、子どもが遊具から落下したり飛び出したりした場合に到達すると想定される範囲で、遊具を安全に利用するために必要な空間をいいます。

安全領域内には遊具本体を除き、重大な事故に結びつく要因となるような障害物や異物、硬い設置面などがあってはいけません。 さらに、安全領域は個別の遊具ごとに外形線から外側のあらゆる方向に設けることが、規準により定められています。

主な遊具の安全領域

落下高さ≦600mm・・・遊具外形から全方向に安全領域1,500mm以上 落下高さ>600mm・・・遊具外形から全方向に安全領域1,800mm以上

安全領域の重複條件

複数の遊具を配置する場合、安全領域の確保が困難になる場合があります。その場合、各種遊具の安全領域を重複條件により、安全領域の重複が認められています。実際には利用動線なども考慮し、安全な遊具の配置を計画します。

所属団体

 一般社団法人 日本公園施設業協会

 JPFAの資格許認可
 SP認定
 SPL認定
 製品安全管理士 5名
 製品整備技士 19名