NETIS登録情報
新技術名称:下水道管埋設用NSPパイプサポート
登録番号:CB-120012-A

早く!そして正確に 作業効率が飛躍的にアップ

特長

  • パイプレーザーを使用することにより管の勾配・通りを予め設定でき微調整可能なため従来工法に比べ勾配・通り設定が容易・正確に行えます。(もちろん丁張り、水糸を採用している現場でも使用して頂けます。)
  • 予め勾配・通りをセットしたパイプサポートに管を固定して施工するので足場の悪い現場、特に地下水等の多い施工が困難な現場に最適です。
  • 従来工法のように現場で土嚢を作る必要がなく、また掘削底面へ複数の土嚢をおろす必要もないため作業効率が大幅にアップします。
    従来工法:4m管1本につき10袋(5袋/箇所 x2箇所) 約200kg
    パイプサポート:4m管1本につきパイプサポート2本 約25kg
  • 管の固定にはラチェット式ベルトを採用しており、管を確実にしっかりと固定できます。また埋め戻し後の取り外しはベルトを引っ張るだけで容易に外れます。
  • 太陽光などで反ってしまった塩ビ管を修正しながら埋設できます。
  • 土嚢より確実な固定ができ、安心して埋戻しをすることができます。
  • 土の中に杭や土嚢等を残すことがない為、環境汚染の心配がありません。
  • 地震などが起きた際に、土嚢や杭などによるパイプへの偏荷重がかからない為、パイプの破損が大幅に減少します。

従来工法との比較

従来工法
砂基礎で勾配を出す場合

開削工
掘削

土留工
簡易土留or矢板建て込み

基礎工
床の概略レベル出し
基礎砂投入・敷きならし
基礎砂転圧(主に機械転圧)
基礎砂による勾配設定(レベル出し)
配管
管の通り出し
勾配・通りの確認及び修正
土嚢等にて管の固定
保護砂投入

従来工法
水が多く土壌で勾配を出す場合

開削工
掘削

土留工
簡易土留or矢板建て込み

基礎工
床の概略レベル出し
土嚢設置レベル決め
配管
管の通り出し
勾配・通りの確認及び修正
土嚢等にて管の固定
基礎砂投入・敷きならし
基礎砂転圧(主に人力転圧)
(再度勾配・通りの確認及び修正)
保護砂投入

NSP
パイプサポート

開削工
掘削

土留工
簡易土留or矢板建て込み

基礎工
床の概略レベル出し
パイプサポート設置
配管
勾配・通りの設定
基礎砂投入・敷きならし
基礎砂転圧(バイブレーター)
保護砂投入
パイプサポート撤収

施工手順

1
パイプレーザーを使いパイプサポートをおおよその位置に取り付け、パイプホルダーを専用ターゲットを見ながら上下左右に移動させ正確な位置に固定します。

2
パイプをラチェット式ベルトでパイプサポートにしっかりと固定します。

3
念のためパイプレーザーでパイプの位置を確認します。

4
砂をパイプの天端付近まで埋め戻し、専用バイブレーターでしっかりと締め固めます。

5
測量器でパイプの位置を確認し砂をパイプ天端プラス15~20cm埋め戻します。

6
サポートを固定していたベルトの端を上に引っ張りサポートとパイプの固定を解除しサポートを取り外します。 後は通常通り所定の深さごとに埋め戻し締め固めを繰り返します。

パイプ受け金具

施工事例1
施工事例1

施工事例2
施工事例2

施工事例3
施工事例3

リブパイプにも使用することができます

品名 重量(kg) 内容
NSPパイプサポート48-95 11.4 掘削溝内の内々48~95cmまでに使用可能です。
NSPパイプサポート65-142 11.8 土留材の内々65-142cmまでに使用可能です。
NSPパイプサポート175-210 20.0 土留材の内々175-210cmまでに使用可能です。
150用パイプホルダーセット 0.9 塩ビパイプ径150ø用のパイプ・ターゲットホルダーセット
200用パイプホルダーセット 1.1 塩ビパイプ径200ø用のパイプ・ターゲットホルダーセット
250用パイプホルダーセット 1.2 塩ビパイプ径250ø用のパイプ・ターゲットホルダーセット
300用パイプホルダーセット 1.3 塩ビパイプ径300ø用のパイプ・ターゲットホルダーセット
150用リブパイプホルダーセット 1.0 リブパイプ径150ø用のパイプ・ターゲットホルダーセット
200用リブパイプホルダーセット 1.2 リブパイプ径200ø用のパイプ・ターゲットホルダーセット
250用リブパイプホルダーセット 1.4 リブパイプ径250ø用のパイプ・ターゲットホルダーセット
300用リブパイプホルダーセット 1.5 リブパイプ径300ø用のパイプ・ターゲットホルダーセット
砂締めバイブレーター28DTK 5.2 埋め戻し時の砂締め用バイブレーターです。