首里高校普通教室棟改築工事 仮設搬入路

①-6

工事のポイント

高校の校舎改築工事で搬入経路の確保が困難なため、場外のスペースに盛土で仮設の搬入路を確保する。

工事内容

今回の現場では、場外のスペースに盛土で仮設の搬入路を確保しますが、本来の設計では、親杭横矢板(L=1.5m横矢板)となっていましたが、L=1.5mでは親杭の本数が多くなる事と、地下に遺構があることが想定されるのでできるだけ親杭の本数を減らしたいご希望があり、L=3.0mのクイック土留(パネル)で施工出来ないか相談がありました。
以前に、お客様の別の現場でこの方式での施工実績があるとのことで、話がスムーズに進み受注となりました。
当社からは、深さ3.0mの土留パネルの強度計算書を提示しました。
パネルを支持する親杭につきましては、お客様の借り入れ先に 横矢板は3.0mのパネルで検討してもらうようにお願いし、根入れを1m(4m→5m)追加する事で施工可能との結果が出ました。

現場の写真
使用した機材

 

使用機材についてのお問い合わせはこちら!


お問い合わせフォーム

 

水路築造工事

②-1

工事のポイント

水路築造の為、BOXカルバート(800*800)設置工事に約100m分の3020大口径パネル・スイング金具が採用

工事内容

現場が高校の周囲で通学路に面していることから掘削・基礎・設置を転用での作業ができないという事で該当路線分を一気に開削しての施工となりました。
BOX吊りおろしのクレーンも設置場所が限られるため「リフトローラー工法」が採用されました。
今回の現場ではBOXつり込み~設置を2日間で100m完了できてしまう程の施工性でした。

現場の写真
使用した機材

 

使用機材についてのお問い合わせはこちら!


お問い合わせフォーム

 

雨水幹線築造工事

②-3

工事のポイント

雨水幹線のボックスカルバートを設置する工事で「クイック土留 大口径用3020パネル」が採用

工事内容

元々の設計では、土留は本矢板を打ち込む設計でしたが、「上空に電線が多い」「地中には溶岩層がある」「下水道管が近くにある」などの理由で、本矢板が打ち込めず「大口径用 3020パネル」が採用されました。  
他には、「縦梁連結金具」「長尺サポート」「スイング金具」を使用することで、作業空間を大きく確保でき、施工スピードが向上しています。 

現場の写真
使用した機材

 

使用機材についてのお問い合わせはこちら!


お問い合わせフォーム

 

交流センター建築工事(浄化槽50人槽の設置)

②-16

工事のポイント

合併処理浄化槽(50人槽)の設置工事で「クイック土留36パネル」と「長尺サポート」を採用

工事内容

 合併処理浄化槽(50人槽)の設置工事にて「クイック土留36パネル」と「長尺サポート」を採用して頂きました。  構造物の大きさは、7.68m×3.2mほどの長方形で、掘削深さは約3.5mです。
 お客様より、鋼矢板の打ち込みやH鋼の腹起しは手間が掛かるから使用したくない、できればクイックパネルで施工したいとのご要望がありましたので、「36パネル」と「長尺サポート」で組み立てた土留を3スパン設置した後に( H=3.5m 開削幅=4.2m)クレーンで親子吊りで斜めにして浄化槽を入れ込みました。  
また、この現場では、最下段サポートから基礎までの開口高は、2.75m確保して施工しました。

現場の写真
使用した機材

 

使用機材についてのお問い合わせはこちら!


お問い合わせフォーム