道路改良(拡張)工事

①-3

工事のポイント

道路拡張工事に伴い、道路横の河川をコルゲートパイプで切り廻し、間知ブロックを積上げ、道路拡張する工程で「クイック土留レール式」を採用。

工事内容

 当初の設計では、コルゲートパイプで河川を切り廻す設計でしたが、コルゲートパイプでは、設置・撤去に時間が掛るため、また、コルゲートパイプのリース(レンタル)品は無く、購入しなくてはならない為、積算価格も高額だったことから県土木に設計変更して頂きました。
工事金額も、当初の積算金額の1/2に抑える事が出来ましたと県土木からも評価頂きました。
・使用土留 3015レール式パネル 
・掘削深  2.0m~2.5m 
・掘削延長 60m分

現場の写真
使用した機材

 

使用機材についてのお問い合わせはこちら!


お問い合わせフォーム

 



スマートインターチェンジ工事に伴う
電気設備新設工事

②-4

工事のポイント

電気設備線の配管工事でパネル式土留「クイック土留大口径用3020パネル」「長尺サポート」「スイング金具」「クイックフェンス」 矢板式土留「水圧サポート強力型」「アルミ腹起し」「アルミ矢板」「土留用アルミ垂直梯子」を採用

工事内容

  元々の設計では、軽量鋼矢板Ⅱ型2.5M・腹起し・水圧サポートの設計でしたが、2段目の腹起しと水圧サポートが邪魔になること、会所部の開口幅を4.0m以上確保したいと言うご希望に添うために、「大口径用3020パネル」と「長尺サポート」による施工方法をご提案させて頂き、設計変更のうえ納入に至りました。  

お客様のご希望に添える開削幅が確保できる「長尺サポート」のおかげで、ご提案できる幅も広がったように思います。

また、安全対策としての「クイックフェンス」「土留用アルミ垂直梯子」も喜んでいただけました。

現場の写真
使用した機材

 

使用機材についてのお問い合わせはこちら!


お問い合わせフォーム

 

 



雨水排水工事

②-5

工事のポイント

雨水幹線のBOXカルバート設置工事で、「クイック土留 大口径用3020パネル」と「縦梁連結金具」「長尺サポート」を利用

工事内容

 掘削深さは、3.0m未満でしたが、開削幅が4.0m以上の現場で、掘削底面からの高さを確保するために、縦梁連結金具3010パネルを連結することで、下段パネルのサポートを取外しています。  
また、場所によっては、クイックパネルが入れられない箇所があったことから、水圧四面梁、アルミ矢板、アルミ腹起し、水圧サポート10tタイプ等を使用しました。  
安全対策として、クイックフェンス(レール用アタッチメント使用)、矢板支柱用フェンス、アルミ垂直梯子もご利用頂きました。

現場の写真
使用した機材

 

使用機材についてのお問い合わせはこちら!


お問い合わせフォーム

 

道路側溝の新設

②-11

工事のポイント

道路の側溝工事で「大口径用3020パネル」と「スイング金具」を採用

工事内容

  道路の側溝工事にて大口径用3020パネルとスイング金具を提案し、ご採用頂きました。
本来の設計は、2.5mのアルミ矢板で、切梁を2段にする計画でしたが、腹起しと切梁サポートが設置する側溝に当たる位置になり、うまく施工できないとの理由でご相談を受け、大口径用3020パネルとスイング金具をご提案し、採用して頂きました。  大口径用3020パネルを使用する事により、切梁サポート取付け位置がGL面より上になり、スイング金具を使用する事で、下段サポートも簡単に脱着可能になるので、切梁サポートが側溝に当たらずスムーズに工事が進みました。 安全対策として、クイックフェンス、アルミ製垂直梯子もご採用頂きました。

現場の写真
使用した機材

 

使用機材についてのお問い合わせはこちら!


お問い合わせフォーム

 

道路整備工事に伴う水路新設工事

②-15

工事のポイント

水路新設工事で大口径用3020パネルを使用

工事内容

 道路整備工事に伴う、水路を新設する工事において、ボックスカルバートを設置する際に大口径用3020パネルを採用して頂きました。  
設置するボックスカルバートは高さが2.0m近くあり、標準のクイック土留ですと、クイックサポートが当たり邪魔になり、うまく施工できない為に大口径用3020パネルを提案しました。  人孔箇所は掘削幅5.0mありましたので、長尺サポートも併せてレンタルして頂いております。

現場の写真
使用した機材

 

使用機材についてのお問い合わせはこちら!


お問い合わせフォーム