河川改修工事 排水管布設・人孔築造

①-7

工事のポイント

河川改修工事でBOXカルバートの排水管布設と人孔築造の工事にてクイック土留め深堀2型パネルを採用

工事内容

「クイック土留め」での施工は初めてのお客様で、慣れていないせいか、3010平パネルを3015下段パネルに積み重ねる際に、切梁サポートが一段のため、組み立てたパネルがハの字になったり逆ハの字になったりと手こずる場面もあったようです。
それでも 心配だった既存の橋に影響を与えることもなく安心して施工することができたとお言葉を頂けました。
 クイック土留ではサイズが合わない箇所では、アルミ矢板と水圧サポート強力型を使用しています。

現場の写真
使用した機材

 

使用機材についてのお問い合わせはこちら!


お問い合わせフォーム

間知(けんち)ブロックの石積み工事

②-7

工事のポイント

「越波」対策の間知ブロック設置工事で「36パネル」と「長尺サポート」を採用

工事内容

 今回の現場は、既存の間知ブロックが老朽化し、上部が国道で撤去出来ないことから、その前面に新規の間知ブロックを設置する工事になります。
 既存の間知ブロックの手前に組立てた「36パネル」を並べて、パネル内部に基礎コンクリートを打設した後に、大型の間知ブロック(プロテックウォール)を設置します。
高さ1.0mの間知ブロックの内部にコンクリートを打設し、3.0mの高さまで施工したところで自立するので土留を撤去しました。
 今回設置した間知ブロック(プロテックウォール)は、1台の大きさが、間口1.0m×奥行2.6m×高さ1.0mと大きなものでしたので、当社の「36パネル」と「長尺サポート」を有効に活用することが出来ました。 

現場の写真
使用した機材

 

使用機材についてのお問い合わせはこちら!


お問い合わせフォーム