NETIS登録情報
新技術名称:水圧四面梁
登録番号:CB-120037-VR

四面梁4型腹起し480-700

 

特徴

  • 一度に四面(四方向)に土留を設置できます!
  • 伸縮巾最長7,470mm(5,360~7,470)で広い作業スペースを確保!
  • 合併処理浄化槽や電線共同溝特殊部等、矩形の掘削現場で活躍!
  • 伸縮可能な腹起しとしても使用可能!
  • ダブルコーナー、ダブルサイドレールで、従来よりも広い支持スパンを確保!

※伸縮巾最短寸法は、水圧四面梁1S型との組合せ時

水圧四面梁1型~3型はこちら!

電線共同溝特殊部の埋設時に土留が施工しやすく安全性が向上!

施工事例

施工事例1

四面梁として使用

施工事例2

腹起しとして使用

施工事例3

電線共同溝特殊部埋設

四面梁4型腹起し480-700の組立方法 4型×1~3型(シングル)

① 四面梁4型腹起しを、開削寸法に応じた幅で番木の上に置きます

② 内腹起しを必要な長さまで引出し、接続ピンで固定します

③ 内腹起し端部の外カバーを内側にスライドします

④ コーナー金具本体とアタッチメントを組み立てます

⑤ 水圧四面梁に、④で組み立てたコーナー金具を組付けます

⑥ 水圧四面梁の両端にコーナー金具を組付けたら、コーナー金具の取っ手を使い吊上げます

⑦ 四面梁4型に、水圧ハンドポンプで長さを調節しながら⑥を組付けます

⑧四面梁4型の両端に水圧四面梁を組付けたら完成です

四面梁4型腹起し480-700の組立方法 4型×1~3型(ダブル)

①組立て時、 四面梁4型と地面の間は40cm程度のクリアランスを確保してください

②組立完了時に下段側になる、水圧四面梁のカプラーガードの蓋を外してください

③コーナー金具本体とアタッチメントを組立てます

④アタッチメントと水圧四面梁の接続時は、必ずカプラーが上下逆に向くように取付けてください

⑤吊上げて組付ける際は、必ず分岐ホースが内側に来るようにして下さい

⑥水圧ハンドポンプで長さを調節しながら取り付けを行います

両サイドに取付けたら完成です

仕様

用途 腹起し 四面梁
規格 480-700
重量 240kg
ストローク 2200mm 2000mm
最短寸法 4800mm 5360mm
最長寸法 7000mm 7470mm
伸縮方法 嵌合式(50mmピッチ)
機械的
性質
材質 A6061S-T6
引張強さ 265N/㎟以上
耐力 245N/㎟以上
腹起し
寸法
外腹起し 縦212mm×横227mm
内腹起し 縦187mm×横186mm
断面係数 外腹起し 839.3㎤
内腹起し 502.5㎤

20.4kg

6.5kg

9.2kg

 

22.6kg

4.1kg

2.9kg