合併処理浄化槽設置工事

①-9

工事のポイント

大型合併浄化槽(50人槽以上)の設置にクイック土留を採用

工事内容

市営住宅を払い下げた物件を社宅に改装を行う民間工事ですが、当初の設計では、土留なしのオープン掘削でしたが、建物が近く現実的ではないとの判断で「クイック土留BOX式パネル」に「縦梁連結金具」と「長尺サポート」使用し、大きなピットを作る形の施工に変更しました。
延長7.5m 幅3.5m 深さ3.5mの大きさで腹起しに350角のH型鋼を使用しています。

現場の写真
使用した機材

 

使用機材についてのお問い合わせはこちら!


お問い合わせフォーム

 

コルゲート管布設工事

②-14

工事のポイント

ゴルフ場でコルゲート管布設工事

工事内容

  ゴルフ場のコース内に排水管を布設する工事で大口径用3020パネルを使用しました。
管径がφ600~φ800のコルゲート管を布設するということで、標準のクイック土留だと下段サポートが邪魔になるため掘削底面までの高さを大きく取れる 大口径用3020パネルを提案し採用して頂きました。
 この現場は埋設深さが5.0mあり、日中はゴルフをプレーする人が行き来しますので、安全対策としてクイックフェンスとアルミ垂直梯子も併せてレンタルしていただきました。
また、施工中の開削場所には、ゴルフボールが落ちないようにクイックフェンスの上に防球ネットをかけております。  

現場の写真
使用した機材

 

使用機材についてのお問い合わせはこちら!


お問い合わせフォーム

擁壁設置工事

②-19

工事のポイント

造成の擁壁設置工事にて36パネルと長尺サポートを採用

工事内容

  新庁舎建設工事に伴う造成工事において、36パネルと長尺サポートをご採用頂きました。
 この現場は、36パネルで土留をした 掘削深さ4.0m 掘削幅3.3mの掘削構内に擁壁を積み上げる工事内容で、本来の設計は本矢板の打ち込み工法でしたが、掘削する場所の真横に民家が立っており、騒音や振動などの影響が出すぎるとのことで建て込み簡易土留での施工となりました。
 さらに擁壁を積み上げる際にサポートが邪魔になるのを低減するためサポートの本数を少なくできる施工方法として36パネルが一番よい方法ということで採用となりました。
 土留の強度の問題でクイックサポートと合わせて長尺サポートもご使用して頂きました。
また、掘削構内のレベル出し作業の際には「2Dマシンガイダンス iDig」を使用して頂きました。

現場の写真
使用した機材

 

使用機材についてのお問い合わせはこちら!


お問い合わせフォーム

 

 

擁壁工事

②-20

工事のポイント

間知ブロックの基礎工事で36パネルと長尺サポートを採用

工事内容

   民間の大規模工場に隣接する斜面の安全対策工事の一環としての擁壁(間知ブロック)工事の基礎工事に、36パネルとスイング金具、長尺サポートをご採用頂きました。
 この現場では、深さ4.0m×開削幅2.5mの掘削をする際に36パネルを9スパンご利用頂きました。
 間知ブロックの基礎コンクリートがサポートに干渉してしまうのを防ぐため、現場の土質を考慮した「強度の検討」を行った上で、H3.25mの開口高をとって施工しました。
 その際、一部の区間で、強度上 クイックサポートと合わせて長尺サポートもご使用頂きました。
 また、安全対策として、クイックフェンス、アルミ製垂直梯子もご採用頂きました。

現場の写真
使用した機材

 

使用機材についてのお問い合わせはこちら!


お問い合わせフォーム