頭首工(取水口)改修工事

①-2

工事のポイント

「頭首工」の改修工事で、「クイック土留レール式」を採用

工事内容

「頭首工」とは、上水道用の水を河川から取り入れる場所の事を言い、頭首工から浄水場までをつなぐ管を「給水管」と呼びます。
今回、頭首工の改修工事を行う為に、一時的に川の水を逃がすことを目的にレール式土留が採用されました。 高さ2.5m幅1.4mで組立てたレール式土留め19スパンの内側に砂利を入れ、根入れを少しだけ行いパネルを自立させています。
この土留の外側を仮設水路として利用しました。 レール式土留はジョイント部分で多少の遊びがあるので若干のカーブにも対応しながら入れていくことができたので良かったとのことです。

現場の写真
使用した機材

 

使用機材についてのお問い合わせはこちら!


お問い合わせフォーム

 

県水送水管耐震化事業

②-9

工事のポイント

石川県送水管耐震化事業 送水管埋設工事(ダクタイル鋳鉄管)において、「36パネル」と「長尺サポート」を採用

工事内容

 この工事では、空気弁室を設置する工事がありました。本来は、空気弁室の中に埋設する送水管は1本だけですが、この工事は900ミリと400ミリの送水管を2本埋設する特殊工事でした。
 設計では、開削深さ3.0m、開削幅6.0mで、レール式土留を使用し、腹起しと切梁にH型鋼を使用する設計のところ、「36パネル」に「6.0mの長尺サポート」を取付けた物を2スパン(7.2m)を建て込み、両端の長尺サポートだけを残してH型鋼を設置する方法に変更して頂きました。
 当社に、開削幅6.0mの幅に対応できる長尺サポートがあったため受注に繋がりました。そして、曲管部分の施工には、大口径用3020パネルも使用しています。
落下防止の安全対策として「クイックフェンス」もご採用頂きました。 

現場の写真
使用した機材

 

使用機材についてのお問い合わせはこちら!


お問い合わせフォーム

 

送水管布設工事

②-13

工事のポイント

送水管の曲管部分のコンクリート打設に「レール式土留」と「長尺サポート」を使用

工事内容

  送水管布設工事の曲管部分で「長尺サポート」+「レール式パネル」を使用して施工いたしました。
   施工内容は、ダクタイル鋳鉄管のストレート管以外の場所で、数か所曲線箇所(曲管)があり、その曲線部分には水圧が多くかかる為、その水圧で管が動いて直管と曲管の接続部分が外れてしまう恐れがあるそうです。
 そこで曲管の近くで型枠を組みコンクリートを打設し重り代わりにして管が動かないように固定するという工事内容となっております。
 打設するコンクリートのサイズは縦3.5m×横3.5m×高さ1.5mの大きさです。
 BOX式パネルですと、干渉する切梁サポートの数量が多くなることから、今回の現場では「レール式土留」が採用されました。
 妻方向の土留には「アルミ矢板」をご利用頂き、安全対策として「クイックフェンス」「アルミ製垂直梯子」もご利用頂きました。  

現場の写真
使用した機材

 

使用機材についてのお問い合わせはこちら!


お問い合わせフォーム

 

雨水調整池工事(ボックスカルバート設置)

①-17

工事のポイント

大口径用3020パネルと試作品の3010平パネルでボックスカルバートを設置

工事内容

 雨水調整池設置工事の中のボックスカルバート敷設工事 施工距離167mにおいて、大口径用3020パネルに縦梁連結金具を取付け、特注品の3010パネルを接続して施工しました。
 特注品の3010BOX平パネルは標準品に付いている段積み金具(足)を無くし、サポートを取付る位置を2カ所増やした仕様にしてもらいました。
 この特注の3010平パネルを使用する事で、サポートの取付け位置が上げられ、掘削底面から2.75m開口をとれたので、作業がはかどりましたとのことです。
 また、安全対策としてクイックフェンスとアルミ製垂直梯子ご利用頂きまして、アタッチメントを使用せずに取付けできたことについても高評価を得ました。

現場の写真
使用した機材

 

使用機材についてのお問い合わせはこちら!


お問い合わせフォーム

 

 

送水本管防護工事

①-18

工事のポイント

既設水道管の耐震防護工事で36パネル及び長尺サポートが設計に採用

工事内容

 広域水道事務所発注の既設水道管の耐震防護工事におきまして36パネル スイング金具及び長尺サポートが設計に入り、採用され受注となりました。
 この工事は、供用中の既設のφ1500 NSダクタイル鋳鉄管を掘り起こし露出させ、そこへφ1750 鋳鉄防護管(半割型)をカバーとして溶接します。
 最後にφ1500の既設管とφ1750防護管の隙間にエアモルタルを注入して本管防護完了となりますので供用中の送水管をそのまま補強することが出来る工法になります。
 36パネル採用の決め手は、施工時の開口高が大きく確保できる事と、土留を設置する際の簡易性から採用に至りました。

現場の写真
使用した機材

 

使用機材についてのお問い合わせはこちら!


お問い合わせフォーム

 

雨水工事

①-10

工事のポイント

雨水幹線工事でBOXカルバートを設置する工事で「クイック土留レール式」を利用

工事内容

今回の工事場所は港湾付近で、通行車両が非常に多く、土留機材などを置いておくためのスペースを広く確保することが出来なかったことから、置場のスペースを取らない「クイック土留レール式」をご提案し採用して頂きました。
また、下流域に近いため、BOXカルバートの幅も広く、深さ2.5m、開削幅4.0m、開口高2.0m以上の作業スペースを実現する為、レール式土留+長尺サポートを提案しました。
特注の全長2,5mのレールを製作し、取り外すサポート数を減らすことで作業スピードも向上しています。

現場の写真
使用した機材

 

使用機材についてのお問い合わせはこちら!


お問い合わせフォーム