NSP型枠の特長・説明

鋼製型枠の特長

NSPの基礎鋼製型枠には、NSPならではのアイデアとノウハウが随所に活かされています。

詳しくはこちら

平パネル

NSP平パネル

基礎の直線部に使用します。 モジュールに合わせて揃えると便利。

詳しくはこちら

外コーナー

外コーナー

基礎の出隅部に使用します。 芯振りに合わせると便利。

詳しくはこちら

内コーナー

内コーナー

基礎の入隅部に使用します。 芯振りに合わせた寸法を使うか140内コーナーと袖パネルを合わせて使用すると便利。

詳しくはこちら

補強内コーナー

補強内コーナー

入隅部の形状が面取り(ハンチ)になっている場合に使用する型枠。

詳しくはこちら

角当

角当

基礎の止めの部分に使用する型枠です。材質は亜鉛鋼板です。

詳しくはこちら

スライド角当(天地)

スライド角当(天地)

0~200mmまでの基礎巾に対応出来る角当。材質は亜鉛鋼板です。

詳しくはこちら

ワンタッチスライドパネル

ワンタッチスライドパネル

間崩れ等で平パネルではピッタリ組めない場合の寸法調整型枠。

詳しくはこちら

スライドパネル

スライドパネル

間崩れ等で平パネルではピッタリ組めない場合の寸法調整型枠。

詳しくはこちら

285当板

285当板

間崩れ等で平パネルではピッタリ組めない場合の寸法調整型枠。

詳しくはこちら

140xワンタッチスライド内コーナー

140xワンタッチスライド内コーナー

巾の狭い間仕切り入隅部に使用します。内コーナー同士の組み合わせでも、スライド機能を使用する事で脱枠が可能です。

詳しくはこちら

スライド自在コーナーⅡ

スライド自在コーナーⅡ

多角形基礎用コーナー型枠。可動部位(樹脂部分)で角度を自在に変える事ができます。

詳しくはこちら

スライド段付パネル(天地)

スライド段付パネル(天地)

直線通りで基礎巾が変わるときに使用します。倉庫や店舗などRC造、S造の基礎に使用します。

詳しくはこちら

スライド内コーナー

スライド内コーナー

狭い間仕切り部分の内コーナーとして使用。狭い間仕切り部で、通常のスライドパネル(400mm)が入らない場合に便利です。

詳しくはこちら