Fシートとは

    • 基礎巾木に貼るだけで施工できます
    • 意匠性を向上できます
    • クラック、吸い上げシミ、白華現象の露見を防ぎ、耐用年数を伸ばします
    • 先張りシートと、後貼りシートがあります。

 

 

 

お客様のメリット
  • 安定した綺麗な仕上がり
  • 接着面の品質向上(高耐久化)
  • メンテナンスコストの低減
施工者様のメリット
  • 安定した綺麗な仕上がり
  • コンクリート品質向上(高耐久化)
  • 省力化

先張り工法でFシートを使用すれば、枠型のケレン手間が削減できて、枠型も傷みにくくなります。

工務店様のメリット
  • 工期短縮
  • コンクリート品質向上(高耐久化)
  • クレームの低減

シートの特性により乾燥収縮を抑制するため、ヘアークラックが減り、表面がシートが覆われているので外見上も露見しません。

先張り…コンクリート打設前に作業を行うため、基礎屋さんが行います

後貼り…内装(クロス屋)さんが手際よく貼り付けも上手です。

巾木部の高さにより選びます。高基礎に場合は、後貼を上下段貼りします。

先張470.570.600㎜(化粧高さH)
後貼470.540.620㎜(化粧高さH)

 

  先張り 後貼り
施工性 ◎(DIY可)
コスト
仕上がり

色ムラ・塗りムラなし

クラック・吸い上げ・白華露見なし

メリット

基礎のクレームがない

メンテナンスコストが安い

基礎の高寿命化

打ち継ぎ外部からの止水効果

デメリット 施工でシワが出ると補修が必要 下地調整しないと段差を拾う
引き渡し前のキズなどアフター保証が多少あり
従来の左官仕上げよりコストが高い

 

 

  先張り 後貼り
施工性 ◎(DIY可)
コスト
仕上がり

色ムラ・塗りムラなし

クラック・吸い上げ・白華露見なし

メリット

基礎のクレームがない

メンテナンスコストが安い

基礎の高寿命化

打ち継ぎ外部からの止水効果

デメリット 施工でシワが出ると補修が必要 下地調整しないと段差を拾う
引き渡し前のキズなどアフター保証が多少あり
従来の左官仕上げよりコストが高い

 
 

先張り・後貼り
どちらでもOK
 
Fシートは現場の条件に合わせて先張り・後貼りの2種類から選べます
 

先張り
雨天でも作業できる施工性の高さが特徴です


後貼り
粘着テープによる簡単な施工で、リフォーム工事やDIYまで対応できます。下地調整さえ完了していたら、短時間で施工が完了します。